盗聴器発見器「EWS-9000」〜「盗聴器発見器」

盗聴器発見器「EWS-9000」

更新日: 2009/6/3

 今はなき、大好評だった盗聴器発見器スナイパー7000の後続機です。盗聴器発見機の中では、唯一ともいえるレベルメーターの振れ・LEDの点灯で、電波のキャッチを知らせる発見機。約1〜1000MHまでの周波数帯に対応。こういったアラーム音式の盗聴発券機にしては、若干大きめのサイズですので、持ち運びには適しておりません。

※QuickTimeのダウンロードはこちら → QuickTimeダウンロード



 感度切替はHIとLOWの2パターンの切り替えが可能となっており、HIにするとRFアンプが動作し、小出力の発信機にも出来る限り反応するように感度を大きくすることが可能です。有害な電磁波にも反応しますので、必ずしも反応したら盗聴器に反応したとは限りません。アラーム式の盗聴器発見機の中では高額な部類に入ります。

仕  様
サイズ(H×W×D)140×60×33(mm)
重量約374g(電池・アンテナ含む)
検知可能周波数約1〜1000MH
(周波数が大きければ範囲は広がります。)
感度切替1000MHz以下は約10dB以上
(PFアンプがONの場合通常より感度はアップします。)
仕様電源9V乾電池×1個
消費電力最大約50mA
(RFアンプ使用時で最大反応時)
探知距離最大5m
(発信機の周波数出力によって異なります。)
製造国日本
付属品本体・アンテナ・テスト用9V電池×1・取扱説明書