「盗聴の手法は??」〜「盗聴器・盗撮器対策入門」

SECTION1:「盗聴の手法は??」

更新日: 2007/9/16

 盗聴にはいくつかの手法があります。

  1. 直接式 …… 相手の隣の部屋に住むなどして、音声を直接聞き取る方法。
  2. 有線式 …… 相手の部屋に小型マイクを設置し、そこから配線を引っ張って音声を聞き取る方法。
  3. 電波式 …… 相手の部屋に電波式の盗聴器を設置し、離れたところから受信機で音声を聞き取る方法。

 実は盗聴の手法としては、直接相手の隣に住むというのは一番確実な方法です。単なる会話の音声だけでなく、それ以外の生活に付随する情報などから総合してもっと重要な情報を類推することも可能だからです。情報収集の範疇を超えたストーカー行為目的の人間にはまさしくうってつけの方法といえますが、反面、相手に見つかりやすいなどの危険もあります。  2. の有線式にしてもモニター環境を相手の生活環境に近いところに設置して、そこまで配線を引っ張るかしなければいけないわけですから、発見される危険度は相変わらず高いと言えます。 こうした理由と、使用に伴う罪悪感の少なさから、電波式の盗聴システムの需要と供給が伸び続けているものと思われます。もっとも、電波式の場合、相手の部屋の内部に何らかのかたちで設置しないといけないわけですから、そのときに発見される危険性はあります。しかし最近の盗聴器はマイクの性能もアップしていますから部屋の外からでも使おうと思えば使えますし、実はそれ以外の方法で簡単に部屋の中に設置することが可能なのです。

 実は電波式盗聴器の種類は実に多岐にわたります。テレビドラマなどで時折見かけるような、マイクに電池、送信機が1セットになった「黒くて小さな箱」タイプが相変わらず主流ですが、最近は技術革新が進み、最初から盗聴器が仕込んである事務用電卓やデジタル式の置時計、さらにはコンセントタップまでも存在します。こうしたカムフラージュタイプですと、相手に怪しまれずに割合簡単に設置することが可能なわけです。

図:カムフラージュ型の盗聴器の例

 驚くべきことに、これらはいずれも電卓は電卓として、時計は時計として、コンセントタップはコンセントタップとして、マウスはマウスとしてそれぞれの役目をちゃんと果たします。デザインも一見してそれとはわからないため、知らないうちに生活に入り込んでいる可能性がありますので注意が必要です。また最近は音声だけでなく動画を撮影できてしまうものも少なからず存在します。ただしこれらは回路が大がかりになり消費電力も増えるため、機材そのもののサイズも大きくなりますので、まだあまりポピュラーではありません。しかし、このジャンルの技術革新は日進月歩ですので、もはや目視による確認は限界を超えていると言ってもいいでしょう。電波式盗聴器に対しては、たとえ心当たりがなくても、発信されている電波を逆探知する手法をあらかじめ確立しておくことが重要だと言えます。